おうちchanラボ

2015年からは日本盲導犬協会で盲導犬のパピーウォーカーやってます。

腕の中がお好き


人の腕の中でグースカ寝るのが好きなようで。。。


お父ちゃん、しょっちゅうこんな風に抱っこしてます。

お互いに癒されてるらしいです。

Instagram掲載写真


離乳食を始めました。
いっぱい顔につけてるのが可愛いですが、
なぜかミルクを飲むときは真顔です。


あくびをした瞬間をパシャり。
笑ってるようにも見えるかな〜。

眠りながらすること


子猫ちゃんが自力排泄をしてる動画です。
なぜか排泄中寝ます。
頭がだんだん重くなって床についてしまいます。
排泄終わるとちょこっと前に出て来てじっと見つめてきます。

何をしても可愛いですね〜。

皆様の愛情に深く感謝しております


甘えたい時にミャーミャーとなき、
抱っこしてあげると指にチュパチュパ吸いつきます。
母猫に甘えてる感じなのでしょう。吸い付きながらゴロゴロと言ってリラックスするまでになりました。

このブログにて子猫ちゃんを迎えることを載せて以来
猫飼い初心者の私たちへアドバイスや本やおもちゃなど
たくさんの愛溢れるものを頂戴いたしました。
本当にありがとうございます。
ヽ(ω・,,ヽ)感謝(ノ,,・ω)ノ感激!!.。゚+.(,,・ω・,,)ノ。+.゚ デス!!

ねこのきもちという本を読む子猫ちゃん
お父ちゃんが本を読んで勉強していたら、子猫ちゃんも読みに来ました。
「なんて健気なの〜!」
トイレも自分でできるし、眠たくなったら寝床に入りに行くし。
小さいのになんてしっかりしてるんでしょ〜♪
可愛すぎる〜!!

早くもメロメロ〜

ソファーの下から出て来た生後3週間の子猫
我が家に来て3日目ですが、だいぶ慣れて来たのか探検し始め出した子猫ちゃん。
かわゆいくって目が離せません。

この子は保護された方の話だと
「うちのガレージで産んでたんだね。でも母猫が交通事故で亡くなっていなくなってミャーミャーなき出したから気づいた」
そうです。
保護された方はすぐ獣医さんに連れていってくださり、生後1ヶ月も経ってない事、
小さすぎて性別も判別できないし、ワクチン接種ももう少し後だね〜と言われたそうです。
こんなに小さな子猫を育てたこともなかったのでインターネットで調べてここまで育ててくださっていたようで
飼い主さんを探してるというお話をもらい我が家に来ました。
哺乳器でミルクを飲む生後3週間の子猫
だいたい生後3週間程度だろうというので哺乳器とミルクを買って与えています。
そろそろ離乳食にしようかな〜というところです。
ミルクをあげる量とか回数とかもミルクの缶に書いてありました。
買ったミルクと哺乳器はこんな感じのものです。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森乳ワンラック 哺乳器(細口) 乳首スペア付 120ml
価格:980円(税込、送料別) (2017/5/5時点)




犬のクレート全体像
念のため夜は犬用なんですが、ソフトクレートに入れてます。まだ自由に歩き回られると危険がいっぱいだな〜と思ったので。
湯たんぽを入れバスタオルをしきベッドと簡易トイレを入れてます。
トイレも最初は仰向けにしてポンポンと叩いて刺激でしてもらう事をしてましたが、
新聞紙を裂いたもので十分だよ〜と教えてもらい簡易トイレを作ったらそこでするようになったのでお利口さんでした。

犬のソフトクレーとが子猫ちゃんのお部屋
こんな風におとなしく丸まって入ってくれます。

犬のソフトクレーとの中にマフラーとバスタオルを敷き詰めた簡易ベッドで寝る生後3週間の子猫
湯たんぽのあるところにずっといる感じですね〜。
夜なきもしないでずっとこんな風に寝てるこの頃です。

お父ちゃんはもう子猫ちゃんにメロメロで隙あらば子猫ちゃんを抱っこしてます。
お父ちゃんの胸に乗っかってる生後3週間の子猫

子猫ちゃんの方もお父ちゃんの温もりが気持ちいいようでスヤスヤ寝てます。

肩に乗っかって寝ている生後3週間の子猫
「風の谷のナウシカに出てくるテトみたいだね」

そのうちに成長して家の中自由に行き来したり、ワクチン接種が終わったらお布団に入れたりするようになるんだろうな〜。

新しい家族を迎え入れました

生後3週間の子猫
ライリーを協会へお返ししたのち、のんびりしようかな〜って思っていたら
縁あって我が家で保護された子猫ちゃんを譲り受けることになりました。
多分今生後3週間程度の子猫さん。
よちよち歩きが可愛いです。
ほとんど寝てることが多いからさほど世話もすることなく
トイレも自分でできるようになったし、夜泣きもないし。
あれれ?ヴェガやライリーの時の方がよっぽど。。。(笑
まだ性別が不明らしく(お医者さんにそう言われた)名前は仮です。

ヴェガもライリーも寂しがりやのお父ちゃんとお母ちゃんの為に
縁を繋いで帰って行ったのね〜。
ありがとうよ〜。

この春、本来予定していたことではないことが舞い込んで来ていて、
さらに保護猫ちゃんまで来てとシクシク泣いてる場合ではないようです。
現在進行中のある事はちゃんと形になったらご報告しますね〜。

ライリー入所2週間!

ボールを加えて全力疾走してるライリー
ライリーが日本盲導犬協会へ帰っていき2週間が経とうとしていますね。
訓練士さんから連絡をいただきました。
ライリー元気にしてるそうです。
ガラッと環境が変わったのに体調崩すことなくお勉強を楽しんでるんだそう。
実はここだけの話。ライリーは預かり訓練の時には悪い面が目立っていたようで
きっと入所した後も暴れるだろうと予想されてたようでしてね。
ところが入所してみると落ち着いてるようでいい意味で裏切られた〜って訓練士さんに言わしめたそうですよ〜。

ライリーならきっと楽しんでくれるだろうなと。
人恋しくって文句言ってるんじゃないかなと思っていたけどそんなこともないくらい
今はお勉強が楽しいみたい。
そんな嬉しいご連絡をいただき、やっとホッとしたところでした。

さて、ライリーが入所してから我が家では
ヴェガとライリーの写真と乳歯と毛とカラーを1つのボックスにまとめてみました
思い出ボックスを作ってみたり。。。

棚に飾りました
写真スタジオでの写真を引っ張り出してみたり。。。
ライリーとの思い出を振り返って寂しさと向き合っています。

実はね、先輩PWさんから素敵なプレゼントをいただきました。
ライリーの顔をブローチにしてくれました
ライリーをブローチにしてくださったんです♪
とっても嬉しくって肌身離さずつけていたいのですが
ボロボロになるのも悲しいので毎日目にするところに飾らせていただきました。
本当にありがとうございました

R14胎 入所式

R14胎 ハーネスをつけての集合写真
ライリーが委託されて1年と2週間経った昨日、
日本盲導犬協会スマイルワン仙台へ帰りました。
兄妹みんな元気に7頭揃っての入所を迎えました。

R14胎1頭ずつの笑顔の写真
1頭ずつ写真撮らせてもらったら、私だったせいか緊張してる子もいましたが
みんなそれぞれに可愛い顔して撮らせてくれました。

兄妹犬PWさんたちにはたくさんお世話になって
色んなところへお散歩に行ったり、旅行に行ったりと仲良くさせてもらいました。
犬たちがいなくなって寂しいですが、PWさんたちとも会える機会が減るのも寂しくなります。

ライリーとは色んな場所にお出かけをしたので私の相棒のようにずっとそばにいてくれました。
ソフトクレートから顔を出してるライリー
「ボキュはここにいるなりよ」
お父ちゃんよりもずっとそばにいたのがライリーだったので今そばにいないのは寂しいですね。。。

お父ちゃんとお母ちゃんとハーネスをつけてキリリとしてるライリー
いよいよライリーの門出です。

尻尾を振って歩いてるライリー
行ってらっしゃい。ライリー。

みんなの幸せを願いつつ私のパピーウォーカー生活も一旦は幕を下ろします。
ちょっとお休みをいただいてまたいつかパピーを迎えて楽しいパピーウォーカー生活が
できる日までごきげんよう〜^^

Latest